錦川 2

愛宕橋をさらに下ると川下の楠木巨木群を境に、今津川と門前川に分かれる。今津川の方に掛かる橋は、今津川橋、大正橋、寿橋、新寿橋、れんぼ橋、新れんぼ橋とすでに全部歩き、渡ってみた。ならば門前川の方も歩いてみないわけにはいかない。川上から門前川橋、愛川橋、門前橋と風に吹かれながら土手沿をゆっくりと下る 日々人生の答え合わせをしている…
コメント:1

続きを読むread more

錦川

吉川広家の裏切りは単に関ヶ原の戦いの一事に留まらないと俺は思う。米子城から岩国三万石に封じられてからも、長州藩に対して表面上はどうであれ、防長二国の出口の蓋としてこれを監視し、徳川幕府に逐次状況の報告をし続けたと思われる。岩国藩は同じ毛利でありながら長州藩に対する面従腹背の裏切りを、幕末に至るまで二百五十年間し続けたのだ。岩国城の真の目…
コメント:1

続きを読むread more

最古のステイタス 最古の哲学

自由とは何だ 他からの強制・拘束・支配を許さず 自らの意思によって自らを強制・拘束・支配し 強烈な自己規律に生きること 他からの解放であると同時に強烈な自己ファシズム 弱肉強食・適者生存の最前線 自己規律が不完全であったり完全な自己規律を以てしても敵わぬ時 瞬足 死はやってくる 真の自由と死は紙一重だ 村上…
コメント:1

続きを読むread more