世界の果ての焚火 2

25496D8D-C92C-4893-8846-1CF50E89C01E.jpeg
この圧倒的な紅葉の炎の中に立つ時
俺もまた ありのままの炎になって
燃ゆる樹々と一つになった

慎ましく寡黙で控えめな樹々達の
落葉寸前に溢れ出る思いの丈だ

彼ら彼女らの渾身の思いの吐露であり
押し伏せてきた自らの情熱と計り知れない知性の発露だ

でなければ この初冬の澄んだ空に映える深紅の炎が
こうまでも美しく 我が身を揺さぶるはずがない

寡黙なる饒舌
静まり返る高揚

目も耳も口もない三重苦で
生涯一所を離れること叶わぬ身にも見えるが

そんなことなど歯牙にもかけぬ万能の知性と
崇高な精神と深い成熟を以て自在な君よ

及ばずながら
生きて 燃えている君の咆哮を

畏れながら 遥か末端川下若輩の この俺ではあるが
確かに、ああ確かに、受け止めた ぜ!!

B78A08C6-A02F-4499-ADAE-551A56F2AECA.jpeg


人気ブログランキング

この記事へのコメント

ママジャム
2020年11月23日 06:50
立派⁉︎ 素敵です。