テーマ:独白

海に消えたサイコロ

だれもいない海 握りしめたサイコロ二つ ちからいっぱい沖合いに向かって投げ捨てた 変数xで人生の帳尻を合わし なんとか生きてきたが 同時に変数xは俺の人生を食い散らかし 数え切れない絶望をもたらした その絶望がまた変数xを必要とし 性悪女との縁は死ぬまで続くのだと思っていた とどのつまり自ら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

賑やかな会話

久々に顔を出した青空 太陽は西の空の厚い雲になお隠されているとはいえ 辺りはなんだか夕暮れのように暗い 蝉は鳴いてる ツクツクボウシが精一杯鳴いている 近くにある米軍キャンプの家族がひと組 海水浴に来て夏の名残りを惜しんでいる 言葉にならないことば以前の、俺のこころを覆う何かに ツクツクボウシの大…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

五分後の俺の世界

熱と光と湿度の濃密なスープ 熱帯のジャングルへの歓喜もいつしか失せて 戦果なき行軍の連日にやがて方向も目的も見失い 朝も昼も夜も同じような鬱蒼とした視界の中を 倦怠と疲労を引きずりながらただ黙々と歩いていた このジャングルこそは徒手空拳の非力な反逆の徒にも 我が身を隠し乾坤一擲ゲリラ戦を挑みうる逆転の地ではなかったか …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

死屍累々の晩夏

焼けたアスファルトの上に仰向けにポトリと落ちているのは 力尽きたクマゼミだった 触ろうとすると大きく鳴いて飛び立ち驚かすのもいるが このクマゼミは、もうそんな力も残っていないようで 呼びかけに答えるようにわずかに足を動かした 灼熱の炎天下で君は燃え尽き ただひとり看取る者もないアスファルトの上で 孤独に果てようとし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

嵐を呼ぶ朝焼け

資本主義の大津波がくる 良くも悪くも過酷な経済の競争原理が 政治を弄ぶ未熟国家を粛清する 国家の弱点が無様に露呈し 混乱と愚劣に衰運の兆しを認めるとき 獲物を探し求める国際資本からもはや逃れる術はない それこそは資本主義の必要悪であり 有能な者が生き残り愚かな者が淘汰される必然である 来い この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

或る編集者の本を読んで

饒舌は脆弱であり、所詮沈黙には敵わない なぜなら語彙を尽くし記憶とロジックをを駆使して濃密な紙面を意識すればするほど、彼がすでに社会的成功を収め今や出版業界の異端児かレジェンドであるとしても、人の才能にたかり詐欺まがいに忍び寄り道化師の如く媚びへつらい焚き付けて、まだ無形のものとして才能ある人の内面に揺蕩うものから金になるエキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

希望の国のエクソダス

数千年の時を経て大陸の端っこに吹き溜まる下種 それらが繁殖して下衆の村が下衆の国家になっても 21世紀の情報テクノロジーによってより一元化された世界が訪れても 半島に群生する劣種の悍ましさと喧しさは哀れにも微塵も変わることはない 馬鹿は馬鹿、滓は滓 関わるだけ時間の無駄であることは 我が半生を顧みても噛みしめた絶望の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

沢蟹くん

迷い込んだ沢蟹が研究室の廊下の隅を懸命に走っていた もうみんな帰ってしまって出口のない廊下を いったいどれだけの時間彷徨ったことだろう ぼくはあまりにも突飛な君の出現に驚き また瞬時にすべてを理解した 君の前にある完全な絶望を打開するのは ぼくしかいないのだ ぼくは逃げようとする君と対峙し どうしても…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

〈両国橋〉バス停

わたしを取り囲む景色のすべては そのずっと奥におられる尊いどなたかの わたしに投げかけられた暗喩である そして わたしを取り囲む景色のすべては わたしが作り出したわたしの投影である わたしは暗喩の意味するものを考え 投影されたわたしの何であるかを考える 投げかけられた謎に分け入り 分け入るわたしがま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが俺のデスクだ

世界の中心で〈のどごし生〉を飲む 俺のデスクで「旨い」と叫ぶ 標高233mの頂きで 思い描いた人生の頂きとの違いを考える 人間の想像力など 街の背後に緩やかに控える小山にすら その豊かさの前にたちまちにして けし飛ぶ 海がひとつであるように 大地もまたひとつ 世界を旅して 百を見聞し一を知る奴もいれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周防 Earth,Wind & Fire

20ポンドの肉を削ぎ落とす 周防大地のヤスリにかける 肉に染み込んだ屈辱や怒りや倦怠が 灼熱の太陽に焼かれ、ロウのように溶け出す 血と汗でどろどろになりながら 周防大地に我が身を削る 本当に必要なものはこの肉体だけなのだ 一個の肉体から拡散した人生は やがて、いや、常に、一個の肉体に収斂される …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅せられて

照りつける太陽の下 その青紫色のあまりの艶やかさに 思わず近いてみると 大きなアサガオの花弁の中に 魅惑的なもう一つの光源を見つけた どれだけ見ても 内側から光っているとしか思えない パラレルにいろんな世界があってもいいし あるような気もする 現に、ここに 明日には閉じてしまうもう一つの世界への入口が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最強の肥料

肥料が人を創り人生を決定する 人間も草木も適切で潤沢な栄養こそがすべてを決定する 体に必要なタンパク質や脂肪や炭水化物 etc.に加えて 心や精神の成長、深化、更に人生の発展、成功となると その必要な要因や関係性は無限大であり不可知と言わざる得ない それでも、 自ら意思的に選択し得る範囲の 自らが選択した構成要素が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男は黙ってサッポロビール

古来より、男というものは常に孤独の中に生きるものであったと思う 孤独に養われ、孤独に向き合う者こそが男なのだ 華やかな、あるいは賑やかな人間関係など例えば季節外れのクリスマスツリーのような 人生の核心と何の関係もない無意味な虚飾にすぎない 男の真の人生はいつの時代も、どんな人生であっても 沈黙と孤高の中にしかない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝島

爽やかな初夏の朝 スティビーワンダーの曲の流れるがらんとした茶店で 窓の外の妙に垢抜けて見える街を見ながらアイスコーヒーを飲む この時期にしか感じられないツツジの花のような つかの間の幸福感 高く突き抜けた青空と 網膜の奥の奥の小部屋にまで差し込む力強い光 窓という窓が開け放たれ 懐かしい南国の夢の匂いを乗せた風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人はパンのみに生きる

イエスも余計なことを言ったもんだ 人はパンのみに生きるにあらず、などと 無用な挑発をして煩悩を目覚めさせ 苦しみを増幅させただけではないのか 愛とか善とか美とか真理とか あるいは神とか 希望も夢も幸福も喜びも 観念的な言葉を持て遊びこれに囚われ 表象の浅いところでわあわあやって 何ひとつ核心に迫れないま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三味線とハードボイルド

三味線のバチさばきに セザンヌの絵筆のタッチを見る 旋律を奏でず 描線を引かず この世に蒸留したような甘っちょろい旋律があるわけもなく これが真実の形ですと疑いもなく引ける描線もない それこそがヘミングウェイが足繁くルーブル美術館に通い セザンヌの絵から学び得たハードボイルドの極意だ 人の心理を事細かく書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

具象か抽象か

人は具体的なイメージを夢や希望として持つ時 それがより現実となりうるとは物の本でよく読んだし これまで生きてきて実感もしているところだ よく考えてみるとそれは至極当然のことだ なぜなら、夢や希望とは具体的なものだから 人はみな、こころの小部屋にひとつの具象画を立て掛けている それが何で、どれだけ鮮明であるかが違うだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イデアとメタファーを考える時

雨には打たれろ 傘は必要ない 傘を捨てた時 雨は頼もしい友となる 守るという行為は退屈だ 守るという行為は 最も創造性に乏しい つまらない行為だ 攻めるという行為も 守るという行為よりはマシだが 似たようなもんだ 卑小で貧相で くだらない そんなもん 全部時間の無駄だ 雨には打た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和という調べ

高貴な鈴の音を聞いたような気がした しばらくは何故そう思ったのか分からなかった 分からないまま、 「令和」という新しい年号に 心のまだ分け入ったことのない奥の闇から 「リンッ」 という密かではあっても、どこかで、ずっと 待ち続けていたその音を聞いた気がした そのわけの一つが今、 ふっと、降りてきた 「令…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成というフラッグ

平成の初日、 31年前の俺は、前の日、流川で夜遅くまでしこたま飲んで、 そのまま歓楽街の中にあるカプセルホテルに泊まっていた 狭いカプセルの中で目が覚めると、ほぼ反射的に アルコールによって多少混濁した不愉快な感じを押してテレビをつけた そこにはあの図柄 小渕官房長官が平成の色紙を示し 新しい年号を告げていた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春はあけぼの

ようよう白くなりゆく、山ぎは少しあかりて、 むらさきだちたる雲の細くたなびきたる 夏は夜、秋は夕暮れ、冬は早朝・・ That’s right 春はあけぼの、秋は夕暮れ 長い夜が明けていき 長い昼が暮れて行く 今日の日の出時刻 06:08:47 AM 今日の日長 12h 15m 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行け!貴景勝

鶴竜に勝ったが、 だからどうということもない 関脇だというが いつか見たようなデジャヴな景色 時間の無駄なのだ 苦痛なんだよ この息苦しさから逃れるために 水底から水面に浮き上がらんともがくように 上を目指す 大関取りと囃すまわりが まとわりつく藻のように鬱陶しい 相撲という国技に惚れて こと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AM 4:00 12℃

じっとしてろよ それができなかった 春が来たら来たで つかの間浮かれたあとには エネルギーの奔流に埋没し 又、別の苦しみにのたうつのだが 寂光の下も、数ヶ月を過ぎると もう一分一秒がいらついてくる 停滞した時、くすぶった色彩 曇天の下にこじんまりと収まる小世界 慣れたとは言え、身の縮まる冷温、北風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴原冬二・名言解釈

「オレは、感覚も意識も麻痺しているけど倒れることはないんだ、意志に支配されているからだと思うんだけどね、その時、獲物に追いついてやるぞっていう意志が、オレより大きくなっているわけさ、オレはもう完全にオレの意志に同化しているんだよ・・」 何かに同化するという意志、または、何ものにも同化しないという意志のどちらかがなければプライドは安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴原冬二 ・名言録

ホモ・サピエンスの原点である直立二足歩行の意味 適者生存という非情で美しい摂理故に求められる真の自立の意味を問うとき もう一度、村上龍の「愛と幻想のファシズム」を読んでみようと思った ハンターでありカリスマ・サバイバリストである主人公の鈴原冬二なら 混迷する世界とどう向き合うのか 久しぶりに読んでみて、冬二の実家や家族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

崇高なる直立二足歩行

数百万年前、直立二足歩行を始めたホモ・サピエンスの祖先 直立して大地を歩くことがとてつもない意味を持った 海の中にいた時も 沼と陸地の間にいた時も 空を飛んでいた時も 密林の木の上にいた時も 自我に目覚め自らの時を刻むことはなかったのだ いつしか遠い昔の原点を忘れ あらゆる物質と情報とテクノロジーに武装された都市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

質実の力

質実とは、デジタル大辞典によると 飾りけがなく、まじめなこととある たぶん、〈実存〉或いは〈今ここにあること〉に 通ずるのではないか 飾りに意味を認めず 今ここにあることに覚悟を持って誠実に向き合う 踏み込んで解釈するなら 質実とは一つの哲学を内包した 力強い指針だと言える ならば飾りとはなんだろうか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂気にも似た正気

腹の底から笑えること 忘我の境地で没頭すること ギラギラすること ワクワクすること ウキウキすること そんなものは いつまで待ってもやって来やしない どこまで行ったってありゃしない どこにも隠れちゃいない どこにもなっちゃいないし どこにも落ちてはいない 人や都市や運命や 神や仏にすり寄っても …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロハを着た狩人

村上龍の「愛と幻想のファシズム」をもう一度読んでみようと思うのだ 何故なら俺がハンターになったのはこの本を読んだからだ それ以来多くの言葉を撃ち抜いてきたが 今は狩猟というよりは採集に近い 狩るつもりが、狩られ続け いつの間にか辺境の採集生活に落ちぶれた いいのかい、こんなんで 大沢在昌が「北の狩人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more