春になっても世知辛い

筒井康隆「残像に口紅を」 読了 俺にとっては別段用もない作家だが他に読む本もなく、仕方なく最近「パプリカ」他数冊読んでいた。この本に関しては、百ページほど読んで投げ出していたのを、思い出したようにこの二日で読み切った。意に反して中盤からは、さしたる主題もあるとは思えないこの作家の言葉の曲芸を遺憾無く見せつけられた。尊大で傲慢な印象…
コメント:1

続きを読むread more