快楽への挑戦

1149FE80-8B89-453B-BF05-CA55D75E9174.jpeg快楽とは高等なものである

酒池肉林がすなわち快楽ではない
だがそれも立派な快楽である

贅沢がイコール快楽ではない
それでも快楽の王道には違いない

快楽を語るには我が人生は
あまりにもお粗末だ

だが快楽が人生において高等なものであることは
多くの快楽に足を踏み外した俺としては
ようやくたどり着いた答えの一つであるような気がする

快楽を肉体的とか精神的とか
あれこれ注釈を入れるのも大した意味はない

快楽は快楽だ

快楽は自立の証明であり
満たされているという愉悦の稜線であり
カルマから解き放たれた輝く時間である

ただ快楽が高等なものであっても
これに浸る者が直ちに高等であるとはならない

快楽は堕落や破滅へのとば口でもあり
高等でない者に快楽は持続し得ない
その取り扱いは至難といえる

大金を持ち慣れない奴が金を手にしても
更なる高額な借金をして身を持ち崩すのが相場のように

あるいは原子炉の火のように
その制御はまさに高等な知性と成熟を必要とする

つまり快楽とは危険ではあるが自発的な発光であり
真の自立、宇宙で言えば太陽になる道である

太陽以外の惑星や衛星は言うまでもなく
太陽に依存する惨めな奴隷か下僕でしかない

銀河に散りばめられた二千億の恒星の快楽と
その周りのすべてを埋め尽くす闇と苦

闇、若しくは苦は原初的なものであり 無作為かあるいは受動的なものだ
仮に重厚であると言ってはみても存在として自立していない

自らの快楽を見つけ出し
自らの快楽に生きる

その挑戦を忘れたら宇宙でも
ましてや人間社会においても
さもしいだけの ただのゴミなのだ

59133601-751B-42FF-BF4C-939001B4BF86.jpeg



人気ブログランキング

この記事へのコメント

ママジャム
2020年11月06日 23:04
快楽と言う意味はちょっとむずかしい。けど、わかる。