アロハを着たハンター(十字架の上で)

画像射抜かれた肉体
串刺しにされた鈍痛

滅多刺しの処刑台

死という尊厳のある結末の用意も
怖れや悲しみの吹き溜まるすき間もない

健気な美しい思い出も 淡い誇りの幻想も
一瞬のうちに感光したネガフィルムのように焼き尽くす

欺瞞も虚栄も偽善も屈辱も 傲慢も増長も厭世も倦怠も
野焼きの後のように消え失せた

もっともらしい総括も もったいをつけた注釈も
一言だに許さない

肉という肉 骨という骨
皮膚という皮膚 内臓という内臓

隠れ場所なきホロコースト
生み そして殺す悪魔のような太陽の容赦なき凄惨さ

射抜き 射抜き尽くす
串刺しにし 刺し尽くす


細胞という細胞 DNAというDNA
分子という分子 原子という原子

おのれなどというものが尚 何処にあるというのか
滅多刺しの鈍痛の底で苦笑い


立夏を過ぎた太陽光線の殺戮
百万遍殺された痛快

嗚呼 悪魔のような太陽よ
容赦なき狂気よ

磔にされた十字架のうえで
何故だか痛快で爽やかなんだよ


                
人気ブログランキングへ