アロハを着たハンター(深海の覚醒)

画像数万メートルの深海の底
凄まじい水圧で泥濘に打ち込まれた肢体

漆黒の闇の彼方から深々と降りてくる
限りない記憶のマリンスノー

深い深い眠りの残滓
捜す早春の日差し

蛍光塗料に光る午前1時を指す時計
わずか3時間の遥かなる追憶

一万年前
俺が抱えた絶望とは何だったか
俺が育む希望とは何だったのか

闇の彼方から滾々(こんこん)と降りてきて
肢体に薄っすらと降り積もり堆積していく記憶のマリンスノー

遥かなる時を経て
深い深い深海の水底に堆積したマリンスノーのように
遠い昔の自分が見える

長く忘れていた懐かしい友のような記憶

俺って何だっけ
思い出さなきゃならない俺って何だっけ

遥かなる時に忘れた絶望と諦念
洗われた怒りと慟哭


俺って何だっけ


漆黒の闇に開いた瞼(まぶた)
再び閉じる

今度は早春の朝の
軟らかな日差しに出会うために


       
人気ブログランキングへ